わかる「アソー」

先進の開発力と経営戦略により高成長を続ける、
スモールボールバルブのNo.1ブランドメーカー

「アソー」は、スモールバルブのNo.1ブランドメーカー。先進の製品開発力とコア事業への集中戦略により、圧倒的な製品バリエーションを展開し、各業界の大手メーカーをはじめとするあらゆる産業機器に採用され、連続7期増収増益を達成しています。こうした高成長をサポートしているのが、「働き方改革」。スタッフのワーク・ライフ・バランスを実践し、さらなるモチベーション向上を実現しています。

知名度No.1。アソーの「エースボール」

自社開発のNo.1ブランド製品を擁する独創的メーカー

1970年代に自社開発した「エースボール」は、バルブ×ジョイント一体型製品の代名詞と言えるほど、産業界において抜群の知名度とシェアを誇るNo.1ブランド。大手メーカーの建設機械や特殊車両、エネルギー関連機器、半導体製造装置等に搭載されるなど、スモールボールバルブ市場において圧倒的優位を確立しています。

今や、「スモールボールバルブといえばアソー」と言われるほど、業界標準となる製品を豊富にラインナップしており、独創的スモールボールバルブメーカーとして、大きく発展を遂げています。

画像1

連続★期増収増益を達成

収益力が高く、増収増益を続けている優良成長企業

アソーは、2011年から2018年まで連続7期増収増益を達成。厳しさを増す日本の経済環境において、着実な成長を遂げている優良成長企業の1つです。

さらに、高収益体質のもと販路拡大・売上アップを図る未来プロジェクトが進行中。2020年度の売上20億円達成を目標に、各部門のスタッフが一丸となって取り組んでいます。企業の成長とご自身の成長ベクトルを重ねながら、充実したワーク・キャリアを構築することが可能です。

画像2

ユーザー重視の研究開発型企業

カスタムオーダーにて、最新の製品ニーズに完全対応

アソーは、研究開発型企業。規格品はもちろん、ユーザー様から寄せられる高度な要望には、研究開発ラボラトリーが対策を立案。ユーザー様それぞれの使用環境に合わせ、カスタムオーダーでお応えしています。

部品交換・仕様変更はもちろんのこと、複数パーツの一体化による取付けコスト削減や省スペース化等のソリューションも提供。新たな付加価値の創造により、AI、IoT等、最新の製品ニーズにも完全対応しています。

画像3

快適なオフィス環境を整備

洗練された大阪本社と、通勤至便の東京オフィス

2012年に、洗練された空間の自社ビル・大阪本社を新築。さらに、東日本の要として、都心駅から徒歩約5分の通勤至便な東京オフィスを開設し、両拠点を結ぶ全国規模の営業ネットワークを構築しました。

快適なオフィス環境の整備により、スタッフがリラックスして仕事に集中できるよう配慮。これら東西のオフィスを拠点として、新製品開発から設計、品質・生産管理、そして営業管理、総務部まで、さまざまな業務を展開しています。

画像4

会社方針として定時退社を推奨

「働き方改革」により、ワーク・ライフ・バランスを実現

アソーでは、現在「働き方改革」を推進中。例えば、残業時間を減らすため、会社方針として定時退社を推奨。遅くとも“19時完全退社”をルール化しています。そのために、各スタッフが担当する業務内容の見直しを行うとともに、IT活用等による効率的な事務処理方法を導入しています。

さらに、充実した各種福利厚生制度により、スタッフのモチベーションと幸福度を高め、ワーク・ライフ・バランスを重視した「働きがい」のある環境整備に努めています。

画像4

高品質製品をグローバルに展開

北米・欧州・アジア等、世界中で採用されているアソー

スモールボールバルブをはじめとするアソーの高品質な製品群は、その優れた性能と耐久性が高い評価を受け、あらゆる産業機器の組込みパーツとして、世界中のさまざまな企業で採用されています。

そして、貿易商社を通じ、北米・ヨーロッパ・アジア・インド・ニュージーランド等、世界中のマーケットへスモールボールバルブを供給。世界のブランド「ASOH」として、グローバルに展開しています。

世界のブランド「ASOH」・主要輸出国
  • アメリカ
  • カナダ
  • メキシコ
  • ペルー
  • ニュージーランド
  • 中国
  • インド
  • イギリス
  • フランス
  • ドイツ
  • スペイン
  • イタリア